京都洛西・大原野つれずれ

京都ゆうても西の、西の、西のほう。「大原の」じゃなくて、「大原野」。雄大な西山のふもとで、お水も野菜もお米も美味しく、タカシマヤや商店会もあって、暮らしやすい。そんな大原野での日々をつれづれなるままに。

逢いたい人には、自分から逢いに行く

洛西に引っ越して、なかなか街中に出なくなりました。

タカシマヤや商店会もあるし、自宅の周辺だけで日常生活に困らないから…。

その分、余計な出費も減りました★

 

こないだ友人の引っ越しを手伝いたくて、西山を降りて、東山へ。

バスを使って阪急沿線まで行って阪急河原町駅で降りて

京阪と叡山電鉄を乗り継いで、修学院へ。

 

乗り継ぎは多かったけれど、1時間半くらいで着いた★

これでも意外と近いと感じるのです笑。

京都を離れる友人と少しでも逢えてよかった。

 

逢いたい人には自分から逢いに行くのが、私のスタンス。

逢いたいから洛西まで来てね、なんて、よう言えへん。

 

でも逆に、「あなたには逢いたいけれど、洛西は遠いから行きたくない」

と言われることはあって。それは、逢いたいわけじゃないよねと思う。

「私の都合にあうなら逢いたいわ」ということで、

逢いたいという言葉を利用しているに過ぎない。

 

私も自分の本音をごまかさないように、気をつけよーっと。