京都洛西・大原野つれずれ

京都ゆうても西の、西の、西のほう。「大原の」じゃなくて、「大原野」。雄大な西山のふもとで、お水も野菜もお米も美味しく、タカシマヤや商店会もあって、暮らしやすい。そんな大原野での日々をつれづれなるままに。

大原野神社の真っ白な千眼桜。

西山のふもとにたたずむ古刹、大原野神社。その境内では、

珍しい千眼桜(せんがんざくら)が咲いています。

f:id:rainbowlife:20190417215203j:plain

 

真っ白の花びらは一重で、満開になると本当に見事なんです。

今回はちょっと散りかけのタイミングだったから

葉桜になりかけ…。

f:id:rainbowlife:20190417215206j:plain

 

実は、この千眼桜、満開になって3日ほどで散ってしまうのです。

でも今年は温かくなったり寒くなったりと

気温が変動したから、意外と長持ちしてくれました◎

f:id:rainbowlife:20190417215159j:plain

 

後ろのピンクの花とのコントラストも美しいですねぇ。

これで青空だったら、文句なし!

f:id:rainbowlife:20190417215152j:plain

 

大原野神社に参拝したときは、ちょうど雨だったので

特別に本殿の中に入らせていただいて

権禰宜さんのお話を聞けました。

よどみないお話は笑いあり学びありで

あっという間に時間が過ぎます。

f:id:rainbowlife:20190417215212j:plain

 

大原野神社からの帰り道には、鮮やかな菜の花畑が…!

春はいろんな色がみちあふれて楽しいですね。

f:id:rainbowlife:20190417215222j:plain